いかんせん、何度も見ているのにこういうムービーはちゃんと感動して胸が痛いだ。

海猿というムービーは乳房が痛くなるほどに感動します。それを覚悟して見ているのに乳房が痛くなります。本来CMに入ったら局を変えて多少なりとも暇を無駄にしないようにするのにこういう海猿だけはそれができません。エモーションの状態を逃さないように見てしまう。そうして今もエモーションで胸が痛いだ。ちゃんと海上保安庁の人たちがこんな事をはなしながらフォローにあたっているのかどうかは分かりませんが、その局面が混ざるだけで何気ないシーンでも感動してしまう。しかも民間パーソンまでもが協力して皆で助けようとしている事業に涙も出ないほどに乳房が痛くなるのです。こんな事が実にあったらいけないのですが、何かが起こるたびにドキッとしてしまいます。こういう時にCAは恐ろしいなと思います。俺たちですてフォロー人なのにツーリストのために俺を後回しに避難誘導するのだから、かりにそういった修練にあたっているといても急場なのだから俺を優先したっていいとおもうのに、真っ先に逃げろと言っているわけでは無いのだからと思います。それでもそれはムービーだからなのかもしれません。テレビのこっち側で見ていて使用人が助かってツーリストに何かあったら凄く非難されるのも分かります。通報も人目もそういうものだ。それでも職場ではそんな事は言っていられなくて。そういった各種事がごっそり見えてきて何より内的が痛くなる作だ。けれどもこれは悪い意味ではなくていい意味で乳房が痛くて感動してしまう。そういった作は自ら見て汚く大泣きしても恥ずかしくないように誰にも気兼ねしないように見たいと思います。それなら大泣きしても誰かに笑われたりバカにされる事はないですから。クマが全然気にならなくなりました

ととねぇちゃんの花山ちゃんが怖すぎて、あたし再び厄介かもしれません

ってってねぇ様の花山君が苦手というか、怖すぎて見極めるの不愉快になってきたかもしれません。偏屈だけど、頭脳があって本当は心根が優しい人は、確かにいるんだろうというんです。その頭脳に人々が助けられているのも核心でしょう。けれども、といったといったねぇが「あなたのライフスタイル」に掲示を載せた主旨、以後、2回眼の掲示を断った主旨。こういう経営者、リーダーとしての判断力、胆力は素晴らしいというんです。それを花山なりにOKから、仕事に戻って来たんだは思います。それでもそれを「花山君も心の中では理解してくれてるんだ。」といった、周りに空想させて最初題落着みたいな「風情読め」的のが苦手。なんでにそばがあなたの想いを、そこまで慮らなくてはいけないんでしょうか?あなたは慮ってくれないのに…。現実の仕事一生も、わが強くて変人だけど本領はあるという親分に何度か当たりました。そうしてその「風情読め」気分だけで、俺は疲弊してしまいました。というというねぇたちの場合は、始祖としての同志というコネクションがあればこその発展ですが、極めて普通の団体の中では、これは厳しい。いやな備忘録が朝から蘇って、観戦が無理になってきたかもだ。花山があそこまで凄まじくなければよかったのになぁ。目の下青いならこちらを参考にして下さい

湘南に電車で出かけて毎日センター歩き回ってこんがり肌を焼いてきました。

現在は8月。大層夏季ピークというあたり。夏季と言えば一入燃える辺りがあります。それは神奈川県内は湘南だ。TVを見てもちょくちょく湘南でのぶらぶらトラベルや食い道楽ロケが見られます。こんな湘南に列車で間近といった出かけてきました。私の最寄り駅からは鉄道藤沢駅舎まで1ひととき限り掛かるのですが、間近という話をしていたら楽に到着しました。何より旬ということもあって恐ろしい自身でした。何年か前にも来た事がありましたが、外人のツーリストの方がその時よりも非常に増えたように感じました。そうして湘南と言えば江ノ電だ。すぐさま乗ろうというしましたが、チケットを貰うだけで本当にひとときがかかりました。地元のサイドで普段から江ノ電を通勤や通学の徒歩として訴える方たちはきっとヤバイだろうなと心配になるほどでした。そして江ノ電は列車総数も短い事もあってどうにもギュウギュウになって乗りこみました。そうして列車に揺られる地点10分け前ゆとり、江ノ島駅舎に到着しました。ほのかに香ってくる潮の異臭を頼りに南へ歩いていくと、ぶわっといった直前に海が開けてきました。空の青といった海の青が同化していくように感じました。その全景を頂きつつガンガン江ノ島へって進んで赴き、やっとの心境で到着しました。何とも言えないどっか思い出深いようなセンスのやる職場で、そこで見たツーリストのはやりという本当の海のはやりの景色が脳裏に焼き付いています。焼き付いたのは心だけでなく、凄い日差しを何時間も浴びて、自分の素肌もこんがりと焼けていました。わずか一日でしたが、湘南へ行った想い出って、褐色の素肌という確かな拠り所が手に入りました。また翌年も異なるスポットに行っては素肌をこんがりという焼きたいとしていらっしゃる。一般的なシャンプーとは成分が異なります