湘南に電車で出かけて毎日センター歩き回ってこんがり肌を焼いてきました。

現在は8月。大層夏季ピークというあたり。夏季と言えば一入燃える辺りがあります。それは神奈川県内は湘南だ。TVを見てもちょくちょく湘南でのぶらぶらトラベルや食い道楽ロケが見られます。こんな湘南に列車で間近といった出かけてきました。私の最寄り駅からは鉄道藤沢駅舎まで1ひととき限り掛かるのですが、間近という話をしていたら楽に到着しました。何より旬ということもあって恐ろしい自身でした。何年か前にも来た事がありましたが、外人のツーリストの方がその時よりも非常に増えたように感じました。そうして湘南と言えば江ノ電だ。すぐさま乗ろうというしましたが、チケットを貰うだけで本当にひとときがかかりました。地元のサイドで普段から江ノ電を通勤や通学の徒歩として訴える方たちはきっとヤバイだろうなと心配になるほどでした。そして江ノ電は列車総数も短い事もあってどうにもギュウギュウになって乗りこみました。そうして列車に揺られる地点10分け前ゆとり、江ノ島駅舎に到着しました。ほのかに香ってくる潮の異臭を頼りに南へ歩いていくと、ぶわっといった直前に海が開けてきました。空の青といった海の青が同化していくように感じました。その全景を頂きつつガンガン江ノ島へって進んで赴き、やっとの心境で到着しました。何とも言えないどっか思い出深いようなセンスのやる職場で、そこで見たツーリストのはやりという本当の海のはやりの景色が脳裏に焼き付いています。焼き付いたのは心だけでなく、凄い日差しを何時間も浴びて、自分の素肌もこんがりと焼けていました。わずか一日でしたが、湘南へ行った想い出って、褐色の素肌という確かな拠り所が手に入りました。また翌年も異なるスポットに行っては素肌をこんがりという焼きたいとしていらっしゃる。一般的なシャンプーとは成分が異なります